MENU

イオン導入って何?

私たちの肌の表面や角質層は酸性になっていて、かつ陽イオン(+)が多くなっています。また、肌の内側はアルカリ性になっており陰イオン(−)が多い状態です。

 

この二つの層の間には電気的な膜ができあがっており、化粧品の美容成分はこの膜の影響を受けて角質層より奥に浸透できないのです。

 

しかし、イオン導入器で電流を流すことにより、電気の膜の反発が弱まり肌の奥へ容易に浸透させることができるようになります。

 

例えば、美容成分のビタミンC誘導体は陰イオン(−)を帯びているため、イオン導入器で(−)の電流を流すと、(−)同士が反発する力でビタミンC誘導体が肌の奥に押し込まれるようになり、強い浸透力となって現れることになるのです。