MENU

咀嚼回数を増やしてたるみをとる!

咀嚼をしないと、顔の筋肉が弱って頬の脂肪を支えられなくなりたるみが起きます。

 

筋肉が弱ることで、顔の血流が滞りがちになり、またリンパ液の流れも同じように滞留するようになります。

 

リンパ液が滞るということは、その中の水分が流れ無くなることであり、顔のむくみの原因にもなります。

 

食事の際には30回以上噛むように習慣づけ、さらに歯ごたえのある食材を使った食事をすることで効果的に筋肉を鍛えることができます。

 

噛むことで血流が良くなって脳に運ばれる血液も増加するので集中力も増しますし、上を向いて咀嚼すると首の筋肉も使うようになりますので、肩こりの改善などにも効果的です。

 

ただし、この方法では筋肉を鍛え脂肪を支えることはできますが、肌の加齢によるたるみへの効果は期待できません